経営理念とCSRの体系

住江織物グループの経営理念とCSRの体系

会社の目的
よい製品を生産し、販売し、社業の隆盛をはかり社会の向上に貢献する。
社訓
業界の先駆者としての誇りをもち、和協、誠実、不屈の精神をつらぬく。
企業行動規範
  • 1
    法令その他の社会的規範を遵守し、公正で健全な企業活動を行います。
  • 2
    よい製品を生産し、販売し、社会の向上に貢献します。
  • 3
    従業員の人格と健康・安全に配慮し、従業員を公正に処遇します。
  • 4
    ステークホルダー(利害関係人)との関係を尊重します。
  • 5
    良き「企業市民」として積極的に地域社会に貢献します。
  • 6
    地球環境への影響を重視し、環境保全に取り組みます。
住江織物グループの経営理念とCSRの体系図

事業を通じたCSR

  • KKR + A(健康・環境・リサイクル + アメニティ)を中心とした、地球環境・社会に貢献し、人々の暮らしや気持ちを豊かにする商品を提供する。
  • グローバル戦略を推進し、当社の製品が多くの人々にご使用いただくこと、KKR + Aを世界各地に広げていくことを目指す。

経営の土台となるCSR

  • 公正で透明性の高いガバナンス体制を確立する。
  • コンプライアンス(法令遵守)を徹底し、高い倫理観をもって企業活動を行う。
  • 従業員の働きやすさ・多様性に配慮するとともに、価値ある仕事を通じて成長することを支援する。

コンプライアンス:企業が法律や企業倫理を遵守した判断や行動をし、社会からの期待や信頼に応えること。

ステークホルダーとのコミュニケーション

私たちはCSR活動方針に基づき、以下の通り価値を提供していくことで、ステークホルダー(利害関係人)の皆様との良好な関係を構築するとともに、地球環境に寄与し次世代への責任を果たしてまいります。

  • お客様
    お客様の声に真摯に向き合い誠実な対応を心掛けます。お客様とともに快適な空間を作り上げることを私たちの喜びとし、信頼を得ることを目指します。また、品質向上の取り組みを推進してまいります。
  • お取引先様
    お取引先様との関係を大切にし、共にお客様への対応力の向上を目指していきます。価格・品質・納期など合理的な基準によって選定を行い、公正で対等な取引に努めます。
  • 株主投資家様
    適正な利益の確保により、株主・投資家の皆様へ還元することを目指してまいります。IR活動により、積極的な情報開示を進めてまいります
  • 地域社会
    各国、また地域社会との交流を深め、文化・歴史を理解するとともに、社会貢献活動を行ってまいります。
  • 従業員
    従業員一人ひとりの人格や個性を尊重し、働きやすい職場環境を整備してまいります。
    また、能力を最大限に発揮し、課題を解決していこうという従業員の想いに応えてまいります。
  • 地球環境
    地球環境の維持と改善の一助となる魅力的な環境商品・技術を生み出すことに力を注ぎます。また、事業活動を通じ環境負荷低減活動(省エネルギー、省資源、廃棄物削減など)に努めてまいります。

CSR活動方針

 住江織物グループでは、「事業を通じたCSR」と「経営の土台となるCSR」を両輪としてさらなる企業価値の向上、広く社会からの信頼を得ることを目指します。

CSR計画

 企業ガバナンスの再構築および事業の成長を基軸として、ESG経営を念頭におき、CSR計画の策定と重点課題を特定し、取り組みの強化を進めています。

本年度は、中期経営計画とともに策定するCSR計画は単年度となります。
中期経営計画は、新型コロナウイルス収束時期が見通せないことから、発表を延期しています(10月1日現在)。

住江織物グループが注力するSDGsの7つの目標

  • 5 ジェンダー平等を実現しよう
    ジェンダー平等の達成と、すべての女性の能力を強化
  • 7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
    すべての人々に持続可能なエネルギーを
  • 8 働きがいも 経済成長も
    持続可能な経済成長、働きがいのある雇用の促進
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
    強靱なインフラ構築、持続可能なイノベーションの促進
  • 11 住み続けられるまちづくりを
    持続可能な街づくりを実現
  • 12 つくる責任 つかう責任
    持続可能な生産消費形態を確保
  • 13 気候変動に具体的な対策を
    気候変動およびその影響を軽減

CSR計画

(計画期間:2020年6月~2021年5月)
ESG項目 重点課題 施策(取り組み) 関与するSDGs
G

1コーポレートガバナンス

  • 公正な事業活動の推進
  • 内部統制
  • 16 平和と公正をすべての人に
G

2コンプライアンス

  • コンプライアンス研修の実施
  • ハラスメント防止の研修の実施
  • リスクマネジメント
  • 8 働きがいも 経済成長も
  • 10 人や国の不平等をなくそう
  • 16 平和と公正をすべての人に
G

3公正な事業慣行

  • 下請法教育の実施
  • グリーン調達ガイドラインに基づく調達の推進
  • 12 つくる責任 つかう責任
  • 16 平和と公正をすべての人に
G

4事業継続計画

  • 災害時、パンデミックにおけるBCP対策
  • 11 住み続けられるまちづくりを
S

5人材育成・働き方

  • 教育研修の充実
  • グローバル人材の育成
  • 多様性の尊重(女性活躍、シニア社員)
  • ワーク・ライフ・バランス(働き方改革、男性育児休業取得推進)
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 5 ジェンダー平等を実現しよう
  • 8 働きがいも 経済成長も
  • 10 人や国の不平等をなくそう
S

6労働安全衛生

  • 働きやすい職場づくり(健康)
  • 長時間労働是正、有給休暇取得率UP
  • 労働災害の防止
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 8 働きがいも 経済成長も
E

7環境負荷低減

  • 地球温暖化防止(CO2削減)
  • 環境汚染防止
  • 環境負荷低減製品開発
  • エコチャレンジ
  • 6 安全な水とトイレを世界中に
  • 7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 12 つくる責任 つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を

 当社グループとして取り組むべき課題を特定した上で、「重点課題」を特定し、施策(取り組み)を策定しています。
また、ESG項目と、SDGsとの関連性も整理しています。

ESGとは、環境(Environment)社会(Social)ガバナンス(Governance)の頭文字を取ったものです。
今日、長期的な成長のためには、この3要素の観点が必要だという考えが世界に広まっています。