美術工芸織物

美術工芸織物の手織り技術を後世へと伝えています

創業以来続く手織り緞通の伝統技術を受け継ぎ、熟練の技術と最新の設備を組み合わせた製品も幅広く提供。

国会議事堂といった日本を代表する建造物の緞通や、著名な劇場の緞帳、伊勢神宮式年遷宮の御装束神宝(おんしょうぞくしんぽう)に供せられる織物、社旗・校旗といった美術工芸品を製作しています。創業以来受け継いできた手織り技術の優美で深い味わいを、美術工芸織物の一品一品に込めてお届けしています。また「丹後緞通」を中心に、緞帳、ラグ・マット等、熟練の技術と最新の設備を組み合わせてお客様のご要望に応える製品づくりにも努めています。

緞通

手織りの高級絨毯。当社グループでは、天保年間からの伝統手法を汲む「手織緞通」と、フックド・ラグ製法による「丹後緞通」を製作しています。

緞帳

手織りによる綴織緞帳から、フックド・ラグ製法による「丹後緞帳」、電子ジャガード機で織り上げる「スミノエアート緞帳」まで幅広く取り扱っています。

美術工芸品

西陣織を用いたカードケースや風呂敷など、美術小物を製作しています。

西陣伝統の最高級綴織物に、職人が丹精を込めて刺繍を施した、重厚感ある各種旗を販売しています。

  • 丹後テクスタイル株式会社では、伝統的な手法を使った緞通、緞帳をはじめとしたオーダーメイド製品を製作しています。

  • 住江織物 京都美術工芸所では、西陣織の美術工芸品や旗などを取り扱っています。