ごあいさつ

快適な空間と彩りのある暮らしを。

当社グループは1883年に創業したテキスタイルメーカーです。人々に「快適な空間と彩りのある暮らし」を提供することを目指し、創業以来130年以上にわたって、常に社会のニーズを探り、技術の向上を図り、より良い製品の製造・販売に努めてまいりました。

当社の掲げる開発理念に、「K(健康)K(環境)R(リサイクル)+A(アメニティ:快適さ)」があります。人と環境にやさしい製品づくりをするという一貫した姿勢で、当社グループならではのオンリーワン製品の開発に挑戦してまいりました。世界最高レベルの再生材比率を誇る水平循環型リサイクルタイルカーペット「ECOS®」はその一例で、こうした環境負荷が少ない製品の販売は、持続可能な社会の実現への、メーカーである当社の意思表明でもあります。
昨今では、IoTが実現する新たな価値創造に向けたスマートテキスタイルの開発や、非繊維製品を含む新たな事業領域の拡大も目指しております。

明治期に大阪の家内工場からスタートした当社グループは、事業規模を拡げ、現在では国内13企業、海外13拠点に成長し、海外従業員数はグループの約半数を占めるまでになりました。多くの従業員が働くグローバル企業として、従業員が多様性を活かして働き続けられるよう、風通しの良い組織の醸成を重要課題の一つととらえ、経営層と従業員がともに会社組織を創っていけるような仕組みづくりに取り組んでおります。

また、事業を拡大する一方で、当社は祖業である手織緞通(絨毯)などの美術工芸織物の製造も続けております。日本の歴史的産業である伝統技術を守り、育んでいくことは130年以上続く当社の使命であり、文化への貢献と考えおります。

これからの100年も人々に「快適な空間と彩りのある暮らし」を提供する存在でありたい。その時代によって求められる「快適さ」や「暮らし」の姿は変わりますが、それを追求し、実現するために、私たちは日本のインテリアのパイオニアメーカーとして独自の挑戦を続けてまいります。

住江織物株式会社代表取締役会長兼社長

吉川 一三