リスクマネジメント

リスクマネジメント

リスクマネジメント体制

各委員会での審議・検討後、経営会議に報告

 当社グループでは、各本部・部門の代表委員で構成されるCSR推進委員会にて、リスクに対する事前対策・緊急時対応などリスクマネジメント活動全般の諸事項の審議を行い、CSR・内部統制審議会(経営会議)に報告、承認を得る体制を取っています。

 内部統制においては、住江織物(株)と国内外のグループ会社より報告されたリスクに基づき、財務諸表の重要な虚偽表示リスクを中心に把握を進め、そのリスク評価を財務統制委員会にて検討し、CSR・内部統制審議会に報告しています。これにより一定レベルのリスク軽減はできていますが、引き続きIT化を推進し、さらに軽減できる体制を確立させていきます。

リスクマネジメントの推進

 内部統制の強化として、国内・海外のグループ会社で債権債務管理システムおよび生産管理システムの導入を進めています。

また、緊急事態発生時に正確な情報を迅速に発信するため、住江織物(株)と(株)スミノエの本社で「BCP安否確認訓練」を年1回実施しているほか、当社グループの知的財産権を保護・有効活用するための従業員教育にも取り組んでいます。