労働安全衛生推進

住江織物グループの労働安全衛生推進

重大事故発生について

 当社グループでは、2020年12月に住江テクノ(株)滋賀工場において労災死亡事故が発生しました。この事故を重大に受け止め、再発防止に向けて、安全衛生活動を全社一丸となり進めています。

住江織物グループ 安全宣言

 住江織物グループは、企業行動基準「第2章第4節 安全で健康的な職場環境の確保について」において、「すべての事業活動の全プロセスにおいて、人の安全と健康の確保を最優先します」と謳っています。
 また、「第1項 労働災害の撲滅」において、「人の安全と健康は何物にも換えることは出来ません。労働災害の撲滅には、関係法令はもとより、安全衛生に関する社内ルールの遵守が大前提です。日々の業務遂行において、基本を遵守し、危険予知の感性を育む、安全衛生教育を徹底して行います」としています。
 昨年12月の労災死亡事故を受けて、私たちはもう一度この企業行動基準を徹底すべきと考えます。住江織物全グループ、全職種において、「安全の3原則」、1.整理整頓、2.点検整備、3.標準作業の徹底を図ります。
 「安全第一」安全は何物にも優先します。

「住江織物グループ 安全スローガン・ポスター」の設置(国内・海外製造拠点)
「住江織物グループ 安全スローガン・ポスター」の設置(国内・海外製造拠点)

安全衛生方針・安全行動規範

 中央安全衛生部会では、グループ会社共有の安全衛生方針と安全行動規範を、2021年6月1日に制定しました。
 また、「STOP6重大災害を防ぐ18の鉄則」として、グループ会社で共通した災害についての防止策を策定し、周知しました。労働災害の未然防止に向けて全員参加で取り組んでいます。

住江織物グループ 安全衛生方針

「安全第一」安全は、何物にも優先する。
住江織物グループでは「安全」を経営の最重要課題と位置づけ、すべての事業活動の全プロセスにおいて、人の安全と健康の確保を最優先し、労働災害を未然に防止するとともに、快適な職場環境を形成します。

住江織物グループ 安全の3原則

  • 整理整頓
  • 点検整備
  • 標準作業の徹底

住江織物グループ 安全行動規範

  • トップは安全文化向上に率先垂範で行動する
  • 安全への風土づくりの醸成をおこなう
  • 適用法令、社内規定を遵守する
  • 全員参加型で職場の作業環境の改善を目指す
  • 危険予知による安全の先取りをおこなう
  • 安全教育、訓練の実施をおこなう

住江織物グループ 安全目標

  • 労働災害事故発生完全ゼロ
重大災害の分類による防止対策ポスター
重大災害の分類による防止対策ポスター

労働安全衛生の進捗について

 当社グループでは、中央安全衛生部会において、各グループ会社の安全衛生推進者が年2回集まり、労働災害の未然防止についての意見交換や活動報告を実施しています。今年度は、労働災害件数・休業災害件数とも減少しましたが、重大事故が発生しました。リスクアセスメントを強化し、事故の起こらない環境の整備に努めます。

国内グループ 労働災害度数率推移
国内グループ 労働災害度数率推移
出典:厚生労働省「令和2年度労働災害動向調査」
労働災害度数率:100万労働時間あたりの労働災害による死傷者数

住江テクノ(株)の取り組み

安全衛生推進体制の強化

労働災害の未然防止活動に対する体制・役割を明確化

 従来より、安全衛生委員会が危険箇所のチェックと未前防止活動を行っています。2020年12月の事故を受け、職場実行委員会と分科会と安全衛生委員会のそれぞれの役割と目的を明確化し、推進体制の強化を図っています。

安全衛生資料の社内イントラネット管理

体系的な情報の整理と記録の更新による進捗状況の把握

 安全衛生活動を一元管理するために、安全衛生委員会が主体で策定する安全衛生関連の資料を社内イントラネットで確認できるように構築しました。最新の資料、進捗状況を把握できる資料を整理しています。また、各グループ会社の安全衛生活動の参考になるように情報を公開しています。

安全衛生に関する資料の社内周知、安全衛生教育資料の更新

従業員が職場で守るべきこと、安全衛生に対する知識の周知

 各職場に安全ボードを設置し、安全衛生に関する資料を従業員全員に周知し、安全に対する意識を啓発しています。また安全衛生教育資料を更新し、ルールの遵守、問題が起きた時の対応などについて指導しています。

安全衛生教育資料
安全衛生教育資料

「従業員安全意識アンケート」の実施

従業員の声を反映させた安全衛生活動の推進と進捗状況の確認

 2021年3月に安全・衛生教育を実施後、理解度テストと併せて、「従業員安全意識アンケート」を実施しました。従業員の意見を安全推進活動に活かすとともに、安全意識の向上に役立てます。毎年アンケート調査を実施し、従業員に安全意識を常に持つように促し、マネジメントとしても意識の変化を捉えます。

職場の安全意識に関するアンケート結果(例)
  • そう思う
  • どちらかといえばそう思う
  • どちらかと言えばそう思わない
  • そう思わない
職場の安全意識に関するアンケート結果(例)